ネット小遣い稼ぎの現状

こういうネットアンケートに答えるのはそもそもそういう層なのでは、という指摘もあるようですが、
実際ソシャゲの有料アイテムやLINEポイントなどなにかしら「ポイント稼ぎ」の手段が子供の目にとまるのは多そうだし、ポイントサイト利用が多いのはまあそんなもんかな…という印象です。

子供がポイントサイトを使いたいと言いだした場合、許可すべきか?
許可する場合、教えておくべき点、注意すべき点は何か?
ちょっと考えてみます。

まずはサイト自体の信頼性を確認すること

そもそもポイントを換金できない詐欺サイトや、そうでなくてもポイント換金のための条件が異常に厳しくて通常では換金不可能な、かぎりなく詐欺に近いサイトがあることを知っておくこと。
特にソシャゲの攻略サイトでよく見る「有料アイテム一万円分が手に入る!」のような額の大きいものは疑った方がよいようです。

てっとりばやいのは「<サイト名> 詐欺」などで検索してみることですかね…。運営会社を調べてみたり利用規約に穴がないかしっかり読んでみたり…っていうのはハードル高いか。
はじめは親が確認して「このサイトは安全だから使っていいよ」っていう方式がよいかも。

個人情報の入力や各種契約は慎重に、というかなるべく避ける

さすがにクレカやキャッシングの登録はできないとは思いますが、
高額案件はなんらかの契約をせまるものが多いので、後先考えずに登録するのは避けさせたい。
「本名や住所を入力させるものは禁止」あたりが無難かな?
アプリインストールや無料会員登録系はメールアドレスだけでもいけるだろうし。

ポイントサイトが信頼できても、その中の案件がすべて信頼できるとは限らない

これ自分も昔はよく理解してなかったんですけど。
ポイントサイトの運営会社と、ポイント獲得のための案件の運営会社はまったく関係ないことが多いんですよね。
サイト自体は大手で実績もあるし安心と思っていても、中には個人情報収集目的の詐欺案件やウイルスまがいのアプリダウンロード案件があるかもしれないよ、ということ。

 ***

ざっくりこのくらいでしょうか。あとは「ズルをしようとしない」とかもあるか。虚偽情報を入力したり複数アカウントを作ってみたり…とか考えますよねー。
「困ったことがあれば隠さず親に相談する」…のは、ポイントサイトにかぎらずネット全般での約束としておきたい。

オークションとかYoutubeとかでの小遣い稼ぎはまた別の問題がいろいろありそうですね…。近いうちに考える。

子供(幼児)向けスマホアプリに望むこと

この記事は 「子供」×「アプリ」+「α」 Advent Calendar 2015 4日目の記事です。
3日目はayaさんのインストールしたアプリを覚えていますか? でした。

 ***

わが家ではムスメが2歳のときからタブレットを使用しています。
はじめは簡単なおえかき・塗り絵アプリや幼児用の知育アプリ、ムスメが5歳になった最近ではゲームも少し触っています。
さまざまな子供向けアプリを使用してきた中で、1ユーザーとしてこういうアプリがうれしい、安心できる、というのを挙げてみたいと思います。
アプリを選ぶときの基準や、アプリ製作者様の参考になれば幸いです。

■広告なしの有料版、または有料で広告をはずすオプションを用意してほしい

アプリのレビュー欄でもよく目にする意見です。
アダルト系などの広告を子供の目にふれさせたくないのはもちろんですが、
単純に「子供が広告を誤タップしてブラウザが立ち上がってしまい、そのたびにグズる」というのも非常によく経験しました。

子供は広告の内容も意味もわからずうっかり触ってしまうことが多いので、タップされたとしても広告としての効果があるかといわれると疑問です。(アプリ製作者の立場的にはそれでもかまわないのかもしれませんが…)
広告を表示させないためにアプリ使用中はオフラインにしている、という話もよく聞きます。
それであれば有料で広告を非表示にした方がユーザーにも広告主にも有益だと思うのですが、製作者側としてはやはり広告の方が儲かるんでしょうかね…。

■ネットワークに接続していなくても(ある程度の機能を)利用できるようにしてほしい

子供専用の端末にはみなさまいろいろな制限をかけていると思いますが、
特に子供がまだ小さいうちは、普段は全くネットワークに接続しない設定にしている、という人もそれなりにいるのではないかと思います。
ネットワークにつながっていなければ、うっかり課金やアダルト広告、ウイルスなんかの危険が格段に減りますからね。

そうでなくても、タブレットや親が昔使っていたスマホを子供に与えている場合は、Wifi環境の無い出先などではネットに接続できないという場合もあるでしょう。

もちろん、アップデートやデータダウンロードなどの時には通信が必要なのはわかりますが、
たとえばゲームであれば、対戦やフレンド機能は使用できないけど1人で遊ぶことは可能など、
最低限の機能はネットにつながっていなくても使えるようにしてあるとうれしいです。

■課金関連の機能にはロックをかけられるようにしてほしい

もちろんGooglePlayやAppleストアの設定でパスワードをかけるなどの対策は重要ですが、
アプリ側でもロック機能がついていると二重に安心できるし、
個人的にはそういうアプリメーカーはなんとなく信頼できるな~と思います。
(逆にあからさまに子供の誤タップによる課金を狙っているアプリはどうしても不信感あります^^;)

■操作はシンプルに、タップできるボタンやオブジェクトはなるべく大きくわかりやすくしてほしい

UIの話もすこし。

ターゲットが小さくてうまくタップすることができない、または、どれが動かせるものでどれが動かせないものなのかわからない、ということがあると子供は混乱したり癇癪を起こしたりします。
タップできるオブジェクトを目立たせてあったり、タップしたときに音や動きでフィードバックがあるなど直感的にわかりやすいものだと、少し触ったら自然と理解できるようでした。

また、一本の指で触っているつもりでも手首や反対の手が当たってしまい、意図せずピンチイン・ピンチアウトの操作をしてしまうこともありました。
このあたりは難しいとは思うのですが、機能が複雑になればなるほど意図しない操作が起こりやすいと思うので、幼児向けアプリはシンプルすぎるくらいがよいのかもしれません。

■その他

1日目のはなずきんさんの記事
アプリ内のメッセージ機能(現時点で未実装)の利用の行方が恐ろしい、妖怪ウォッチぷにぷにの利用規約を読んでみよう。
を読んで思ったのですが、
子供(とはいってもこの場合小学校高学年~高校生くらい)でも読みやすいような利用規約の要約を表示するようなことってできないのかな?
「有料アイテムを買うときは大人の人と一緒に~」みたいな注意書きがあるアプリはよく見かけるし、
同じような感じで禁止事項だけでも目に付きやすいように表示してくれたらいいなーと思いました。

 ***

他にもいろいろありますが、アプリを選ぶときに気にしていることをいくつか挙げてみました。

子供向けアプリ専門に作成しているメーカーでも上記を満たしていないことはしばしばあるので、まずは親が実際にいろいろと使ってみて信頼できるアプリ、製作者を見つけていければなあ、と思います。

ネットいじめへの反応

えっこれ「ネットいじめ」関係なくね、一般的ないじめの構図の話じゃね、という気はしますがそれはまあおいといて、

【グループ1】 自慢話や余計なお世話と受け取られる発言をした結果、無視されてしまったA子
【グループ2】 A子がウザいと感じて、A子を無視し始めたB子とC子
【グループ3】 B子とC子によるいじめを止めずに、逆にいじめの仲間に加わったD子とE子

保護者や教職員といった大人は、全国どこでも「最初にいじめを始めた【グループ2】が一番悪い」と答える人が一番多くなる傾向があります。

全国どこでも中学生は「相手の気持ちを考えずに独りよがりの発言をしていた【グループ1】のA子が悪い」と答える子が圧倒的に多いのです。

いやそれ大人は建前として「いじめる方がよくない」と答えるけど、実際はママ友の間で自慢話がウザい奴をハブろうなんてよくある話じゃないのかな…

それはそれとして、

「インターネットでは相手の気持ちを考えて発言しよう」と教育してきた我々大人の言葉を素直に受け取った子どもたちが、「相手の気持ちを考えないで発言した奴は悪い」という受け止め方をしてしまっているのかもしれない

うん、まったくもって正しい反応だよね…?
それに加えて「ネットでの煽り・荒らしにはムキになって反応せずにスルーしよう」っていう教育を受けてたらAをいじめるのはともかく無視するのはむしろ正解だろう…。
(ここで正義ぶってAを諭そうとしようもんなら今度はその子が「上から目線でウザい」とか言われかねないし。)

我々大人たちがもう一歩踏み込んで、単に「インターネットでは相手の気持ちを考えて発言しよう」と伝えるだけではなく、「もしも、相手の気持ちを考えていないメッセージを受け取ったらどうするか」ということまで子どもと話し合う

そんなわけで、これの正解がまったくわからない。
個人的には「無視するのはいいけどいじめるのはよくない」くらいの意見なんだけど一般的には無視もいじめに入るだろうからなあ…
というか今の世代はLINEグループから外されるのってかなり致命的らしいからなあ…。

自分の子供から相談されたらどうするか?
「Aちゃんは困った子だねーあんまり相手にせずに適当にあしらっときなー」
とでも言いますかね。それ以上にいい解が思いつかない。

母親にタブレットを与えてみた話

ある日母親が、
「なんかテレビで見たんだけど、最近のタブレットはなんか話しかけたらそれについて調べてくれたりするの?あれすごいな!」
と興奮気味に話すので、
(たぶんsiriあたりのことだろうなーとは思いつつ)音声検索だけならうちにあるやつでもできるよ、と
やって見せたところ、えらく感動した様子。

今までPCをちょっと触ったことはあるものの「なんか面倒くさい」といってすぐに触らなくなったのですが、
「これ(タブレット)ならちょっと調べものしたい時とかに便利そう」というので
ためしに使っていない古いタブレットを渡してみました。

ネットでの調べものがメインの利用法のようなので、
デスクトップにはシンプルにブラウザとGoogle検索バーのみを配置。
「なんかよくわかんなくなったらこの戻るボタンか家のボタンを押したらいいから」とだけ説明して様子を見てみることに。

数日後。

「やっぱあれすごい便利だわ!パソコンみたいに電源入れるのに時間かかったりしないしパソコンのところまでいかなくてもいいし」
と、なにか気になったときにすぐに調べられる手軽さが気にいったようでした。

私から見れば、起動時間はPCでもスリープにしておけばそれほどかからないし、
持ち歩かないなら結局置いてある場所まで行かなきゃいけないんだからパソコンとそんなかわらないんじゃ…
とも思うのですが、そのへんは操作のしやすさとかの関係もあるんでしょうか。

……と、満足してめでたしめでたしと思いきや、ここで次の課題が。

「このまえ○○について調べてたら、なんかページによっていろいろ違うことが書いてあってどれがほんとかよくわかんないんだけど」

はい。そうです。ネットをやるうえで不可欠な、情報の取捨選択、真偽の見極めというやつです。

そういえば、子供にネット端末を与えるときは
「ネットリテラシーが!教育が!」って散々言われるようになってきたけど、
シニアに対するそういう教育(というか啓蒙?)の話ってあんまり聞かないよね?

シニアのタブレット利用を推進!みたいな話もわりと聞くけど、
「ネット上には間違った情報や悪意ある情報もある」「個人情報を安易に公開してはいけない」
あたりの話ってどの程度浸透してるんだろう?
タブレット使う人がみんなパソコン教室に行くわけでもないだろうし。
ネットトラブルのニュースとか見てたら結構知ってたりするんだろうか。

もちろん子供にくらべたら分別ある人が多いだろうから
炎上だのイジメだの出会い系だののトラブルは起きにくいかもしれないけど、
ブログ使えるようになってうれしくて孫の写真公開しまくるおばーちゃんとか
普通にいそうで怖いよなーとか思ったり。

で、とりあえず母親に伝えたこと。

  • ネットには古い情報や間違った情報もたくさんあるので、検索して出てきたものをすべて鵜呑みにしてはいけない
  • 会員登録や、なにか情報の入力が必要なサイトを使いたくなったら相談すること
  • 金銭の要求、ウイルスの警告、アプリのインストール要求などが出てきたら、それ以上触らずにとりあえず相談すること

特にSNSが使いたいというわけでもなさそうなので、ひとまずこれくらいかなあ、という感じです。
ショッピングサイトは慣れたらそのうち使ってみたいようなので、そうなったらパスワード管理なんかの話もしないとですね。

「そうかーネットに嘘が書いてあることもあるんかー」
「まあ個人でもだれでも自由に書けるからね」
「時刻表とか地図とか調べたいことが多いんやけどそういうのは嘘はないよな?」
「まあ…さすがにそれは大丈夫だと思うけど…たまに古いのが載ってたりするから日付くらいは確認できたらしといた方がいいかな…?」

「ネット上の情報の正しさを確認する方法」とは

インターネット上の情報について正しいかどうか確認する方法が分からないと回答した人が、中学生ネット利用者のうち38.9%、高校生では49.2%あった。

これ、「わからない」の割合が学年が上がるほど増えてるの、ある意味健全だなあと思う。
たぶん中学生くらいだと「わかってるつもりになってる」子が結構多くて、それが一番危険なんだよな、と。

「わかる」って答えた子が、じゃあ具体的にどうやって確認すればいいと思ってるのか興味あるけどそのへんのデータってないのかな。
大人の人に聞く?図書館で調べる?それともWikiPediaで調べる??

そして重要なのは、「じゃあどうやって確認すればいいの?」と聞かれた大人は何て答えればいいのか。

SNSなんかで流れてきた情報であれば、まずは情報の出どころ(いわゆる「ソース」)を確認する。
ニュースサイトなのか、まとめサイトなのか、2ちゃんねるなのか、知らない個人の発言なのか…
あとは、その情報が発信された日時も大事ですね。(Twitterなんかだと数年前の記事がさも最近の出来事のように流れてきたりするので)
それで「なんとなく信頼度高そう」「どうもうさんくさい、デマっぽい」くらいの判断はできるかもしれないけど、
確実な判断となると、たぶん大人でも難しい。
(新聞社がやってるニュースサイトの記事ですら捏造・デマが問題になったりしますからね!)

 ***

もちろんこの記事で引用した調査結果だって、正しいかどうかはわからない。
ベネッセが中高生約10000人対象に行った調査であるということ、
リンク先のサイトに添付されているPDFの内容をふまえて、
「それなりに信頼度は高そうだ」と判断しているにすぎないわけで。

なので、読んだ人に「これは絶対に正しい情報だ!」と思わせてしまわないためにも、
自分が情報発信するときはなるべく元データへのリンクなど判断材料となるものを併記するように気を付けよう、と思います。

子供とタブレット

こちらの記事がちょっと面白かったのでメモ。
小さい子どもにコンピュータを触らせるということ – ビスケットのあれこれ

お絵かきソフトで手形を押そうとする、っていうのはうちの子もやってたなあ。
あとは、両手で同時に描こうとしたらピンチ動作とみなされて画面が拡大縮小して混乱するとか。

iPadとか操作が直観的だ直観的だってもてはやされてるけど、
本当の初心者にはやっぱりある程度の学習コストが伴うよね、みたいな話?
もちろんその学習コストは従来のパソコンに比べればだいぶ小さいんだろうけど。

あとこれって指で操作するかペンで操作するかによっても変わってきそう。UIって難しいですね…。

うちの子供(4歳)にタブレットを使わせていてしばしば気になるのは、
子供は「ちょん」っとタップするのがなかなかうまくできない。タップのつもりでも指がちょっと動いてドラッグになってしまう。
そういえばうちの母親にパソコンを教えたときは、マウスでダブルクリックができなかった。変に力んじゃってるのか、1回目クリックしてから2回目までの間にマウスが動いてしまう。
このへんは設定次第でどうにでもなりそうな気もするけど、自分たちが当たり前にやってる動作が子供や老人には難しいことって他にもいろいろありそう。

違法動画についてどう説明するか

近所の小学生Aちゃんとの会話。

A「その電話で「ようかい体操」見れる?」
私「どうだろう?Youtubeにあれば見られるかも。(検索してみる)…あったあった」
A「見せて見せて!」

(しばし動画鑑賞)

A「こういうのって誰が撮ってんの?」

素朴な疑問です。
さて、しばし動画の情報を眺めてみる。これは公式のPVなのか、それとも違法アップロードされたものなのか?
投稿者のアカウントなどでなんとなく公式ではなさそうだ、という推測はできるものの、はっきりとしたことはその場ではわかりません。

私「うーん…誰かがテレビで撮ったやつを載せてるのかな?」
A「ふーん。偉いねぇ」

「偉いねぇ」。これは子供から見た素直な感想です。
みんなが喜ぶことをわざわざ手間をかけてやってくれてるんだから、それは偉いことのように見える。当然です。

さて、大人はここでどう教えたらいいのでしょう。
「テレビ番組をアップロードするのは悪いことだから、本当はやってはいけないんだよ」って言う?
「えっ。じゃあこれ見ちゃダメなの?」
うーん。今は「見るだけ」でダウンロードしなければセーフだけど、あまり良いこととは言えないかもしれないねー。

でもそうなってくると、「見てもいい」動画と「見ないほうがいい」動画の見分け方が必要になってくるわけで。
そんな大人でも難しいことを子供に押し付けるのもどうなのか。
Youtubeの検索欄に好きな番組名を入れて、一番はじめに出てきたものが違法動画だなんて、ふつう思わないよね。。。

だからといって「見るだけなら問題ないよ」って開き直るのも違う気がするし。
「Youtubeなんて見ないで公式サイトのPVを見ようね」っていうのも非現実的だし。
うーん。悩ましい。

無線LANの「ただ乗り」について

子供がいわゆる野良Wifiスポットでゲーム機を接続する、なんて話はよく聞きますが、
それを正しく叱れる大人って多分あんまりいないよね。下手すると「ただで使えるのかーそれは便利やなー」とか言っちゃいそうな。

実際にセキュリティ設定してない人やタダ乗りしてる人に聞くと、

「うちのネットワークに侵入されたところで見られて困るようなデータは置いてないから問題ない」
「電波借りてちょっとネット見るだけだし相手に迷惑はかからない」

という認識の人が多い気がするので、

「犯罪の踏み台にされる・なりすまされる可能性がある」
「悪意ある電波にただ乗りすることでウイルス感染する可能性がある」

ということはしっかり広めていってほしいところです。

 ***

暗号化の方式について、WEPは危険とかよく聞くけど実際のところどうなんだろう。
実際被害にあった人の暗号化なし・WEP・AESの割合がどれくらいなのかとか。
どの方式選んでも手間はそんなに変わらないから強い方を選ぶべきなんだけど、「DSつなぎたいからWEP」っていうのもかなり聞く話なんだよね。。。

子供はメールアドレスも電話番号も交換しない

子供と大人のLINEに対する感覚的ズレと、大人が考えるべき問題*ホームページを作る人のネタ帳

電話やメールよりLINEを使う、というイメージはありましたが、
そもそもアドレス交換自体をしないもんなんですね…。

たしかにiphoneとか赤外線のない機種だとアドレス交換ってめんどうくさそう。
みんなどうやってるんだろ?Bump?QRコード?
まさか一昔前みたいにちまちま手打ちしたりするの…?