子供にスマホ・タブレットを与えるときの注意点

子供にスマホやタブレットを与えるのは怖い、危険だという意見もありますが、
トラブルが起きにくいようきちんと設定をしたうえで、時間を決めて、できれば親がそばで見ているようにして使わせれば、ツールとしてはかなりおもしろいと思うのです。

最近では幼児向けの知育アプリなんかも増えてきています。

うちのムスメは3歳ですが、絵本アプリやぬりえアプリなんかを楽しんでいます。
遊びながらひらがなや時計を勉強できるアプリもあるので、もう少し大きくなったら挑戦させてみたいところ。

課金制限の方法やクレカ登録しないなどの注意点についてまとめられています。
「ゲームで遊ばせるなら3DSにする。」っていうのが地味に気になります。たしかに3DSで課金トラブルはあまり聞きませんが、アイテム課金の仕組み自体は存在するようだし、今後ソシャゲ風のゲームが出てこないとも限らないので油断はできません。
(3DS版パズドラも出るようですし。今のところアイテム課金なしと言われてはいますが…)

上記のページには書かれていませんが、最近はペアレンタルコントロール用のアプリも出ていたりするので、こういったものも活用したいですね。
Androidならまもるゾウあたりが有名どころのようです。

もちろん、子供がある程度の年齢に達したら、子供と使い方についてしっかり話し合うことも大切です。
少し前に話題になった記事で、こんなのがありました。

この記事については別の場所でコメントしたことがあるのですが、
私の意見としては、ルールを押し付ける前に正しい知識を教えるべきだ、と。
13歳であれば「パスワードは必ず親に報告すること」ではなく、「パスワードは大事なものなので絶対人に教えてはいけない」と教えた方がいいと思うし、
「ポルノ禁止」とか言っても隠れて見る子は見るので、アダルトサイトにどのような危険性があるか、ウイルスやワンクリック詐欺についても教えておくべきですね。

(私が大学生のころ、女友達から「興味本位でアダルトサイトにアクセスしたら有料会員登録されちゃったみたいなんだけどどうしたらいい?」という典型的な相談を3件ほどいただきました。3人とも本気で振り込むべきかどうか悩んでいるギリギリの状況でした。
うちは女の子だから関係ない、と思わず知識として危険性を教えておくことは重要です)

ちなみに私が子供にネットを解禁する時、まっさきに教えたいと思っているのは
「半年ROMれ」
です。
匿名掲示板「2ちゃんねる」でよく使われるスラングですが、ネットにおいて「何かを書き込む、発信する」ことにはそれなりの知識とリテラシーが必要で、それを身につける最上の方法は「ROMる(=閲覧するだけで、書き込みはしない)」ことだと思うのです。
(これについては、またいずれしっかり書きたいと思っています。)

子供にスマホ・タブレットを与えるときの注意点」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 半年ROMれ、の話 | コンピューターおかーちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。