高校生がスマホについて考える

それほど目新しい内容ではありませんが、

高校生の携帯電話の所持率は95.1%、このうちスマートフォンが81.0%

見るたびにどんどん上がってる気がするスマホ率。

多くの高校生が利用しているLINEについて。
メッセージを読んだことを示す「既読」機能を巡り、「既読スルー」、「既読ブッチ」(既読のボタンを押さないこと)がトラブルのもとになっている

自分の世代だとTwitterやFacebookが主流ですが、若い人はやはりLINEなんですよね。それゆえにLINEに関するトラブルも多い。
しかし昔のmixiの「足あと」といい、便利なはずの機能の利用の仕方でなんだかんだ問題が起きるのはいつの時代も同じ…という印象。
既読機能無くしても何かしら似たようなトラブルは起こるんでしょうね。
これは機能の問題じゃなくて、子供たちのコミュニケーションの取り方の問題。

「リアルで言えないことはネットでも言ってはだめ」、「ネット上の人間は人間でないと思え」

前者はともかく後者はどういう意図なのか気になります。
悪口を言われてもスルーしろ…という意図ならまだ理解できますが、逆に「相手の人格なんて気にしなくて良い」と捉えてしまうと最悪なことに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。