Androidの制限付きプロフィールは子供相手に有効?

世間ではAndroid4.4が話題になってますが今更ながらAndroid4.3の「制限付きプロフィール」の話をば。

何が制限されて、何が許可されるのか? Android 4.3の制限付きプロフィールを試す

自分が使わなくなった古いスマホを子供に与える、という事例はよく聞きますが、
こういう機能があるのであれば、あえて最新のものを与えた方がよいのかなーとも思えます。
(古いバージョンの場合は、ペアレンタルコントロール用の専用アプリを入れたりする必要があったのが、ネイティブでできるようになったということですね)

ただ、

インターネット上のコンテンツに関しては、制御はあまり期待できない。

子供にタブレットを使わせる場合は、別途フィルタリングなどのソリューションの併用も検討する必要があるのだが、アプリベースのフィルタリングは、制限付きプロフィールでうまく動作しない場合がある

とのことなので、まだこれだけで安心して子供に渡せるという状況ではなさそう。
さらに、

現状のしくみでは、たとえば、保護者が許可した場合のみ課金するといったこともできない

とのことなので、細かい設定をしたい場合はやっぱり専用アプリに頼る必要があるみたい。

今後の進展に期待、かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。